高野山、奥の院へ

1月末、平日の休みを利用してひとり冬の高野山

これで3度目、次は雪の残る高野山に行きたく冬を待っての訪問です

 

交通手段は南海高野線高野山・世界遺産きっぷ|南海電鉄を利用しました

こちらは、南海電鉄の発売駅⇔高野山駅往復切符と、高野山内のバス2日フリー乗車券、拝観料2割引き券、お土産1割引券などがセットになった切符です

 

新今宮で購入の場合も、2,860円でした(片道のみですが、特急を使える切符は3,400円 )

 

f:id:keppru54:20170301195000j:plain

新今宮からは、橋本行きの急行に乗り、橋本で極楽橋行きへ乗り換えです

(時間帯によっては極楽橋まで乗り換えなしの急行もあるようです)

 

 

 平日で、かつ、お昼時ということもあり橋本駅で極楽橋行きを待つ人はまばらです

f:id:keppru54:20170301195437j:plain

ここから高野山へと上がるケーブルカーに極楽橋駅までは約45分

 

のどかな車窓を眺めながらうとうとしてると

ようやく着きました、極楽橋

f:id:keppru54:20170301200158j:plain

ここから急勾配のケーブルカーに乗って約五分で高野山頂です

 

新今宮から出発して約1時間半

山頂到着時刻は、すでに13時を過ぎていたのでお腹はとうにぺこぺこ

なので事前に調べておいたお店で先に腹ごしらえをすることにしました

 

今回は奥の院だけを目的に行ったので、参道入り口の一橋口というバス停近くにちょうどよくあった『和食 おぐら』さんで

 

高野山上ではたくさん飲食店があるわけではないので事前に調べていくことをお勧めします

 

f:id:keppru54:20170301223541j:plain

 天ぷらはサクサクでとても美味しかった

 

 

お腹も満たされいざ参道へ

 

f:id:keppru54:20170301223952j:plain

参道の入り口です

ここから御廟まで約1.9kmの道のりです

f:id:keppru54:20170301224211j:plain

 参道にはまだ所々に雪が残っていました

f:id:keppru54:20170301224340j:plain

f:id:keppru54:20170301230950j:plain

f:id:keppru54:20170301224401j:plain

たくさんのお墓や供養塔を抱く奥の院

戦国の武将なども敵味方関係なく混在しています

これほ懐の深い場所が他にあるのだろうか

 

司馬遼太郎は、高野山は唯一無二の異域と言いましたが

特にこの奥の院は、行ったことのある人にしかわからない独特の空気が漂い、

まさに自分が生きている世界とは異なる世界です

 

初めて訪れた時もそうだったのですが、

今回も、参道をゆっくり歩き、御廟に参ると

心に溜まった澱がすうっと下に流れて去っていくようなそんな心持ちになります

 

また来て良かった