読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルシンキ紀行

 

2日目の第2回目。

 

呑んで食べて寝て観て。。を繰り返している間にフィンランドへ到着しました。

到着時刻は現地時間で14:40くらい

到着日も遊べる時間が嬉しいです

 

 f:id:keppru54:20170430175047j:plain

 

荷物が出てくるのを待って(少し時間がかかりました)

  f:id:keppru54:20170430174954j:plain

 

空港からは、ホテルに近いヘルシンキ中央駅まで、フィンエアー・シティ・バスで向かいました

バス乗り場は、入国手続きを終えたターミナル2を出て割とすぐに見つけれられます

 

   f:id:keppru54:20170430181118j:plain

 

乗車券は確か運転手さんから買いましたが

空港内のツーリストインフォメーションなどでも買えるみたいです

運賃は片道6.3ユーロ

私たちは往復分を買いました

この辺りまでは日本人も多いので、何かわからないことがあれば誰かに聞けます

 

 

フィンランドの車窓を楽しんで、

バスは約40分ほどでヘルシンキ中央駅に到着

f:id:keppru54:20170430183616j:plain

 

今回お世話になるホテル ヘルカは、 

ここから歩いて約15分ほどのところにあります http://www.hotelhelka.com/?lang=ja

f:id:keppru54:20170507154806j:plain

アアルトの家具を使われていることで人気のヘルカ

f:id:keppru54:20170507155012j:plain

1920年代の建物を改装したこのホテルは、若干古さが残るところもあるものの

全体的におしゃれで清潔感があり居心地が良かったです

 

私たちの部屋はやや小さめのツインのお部屋でした

    f:id:keppru54:20170507160553j:plain

 

         f:id:keppru54:20170507164023j:plain

 荷物を解いてちょっと休憩したのち、まだまだ時間はあるので

さっそく街に繰り出すことにしました(この時点で16時くらいです)

 

まず目指すはホテルからすぐ近くのショッピングモールの様なKammpi Center

 

 

 

 

 

 

 

ホテルの入口付近で地図を広げていると、「大丈夫?どこに行きたいの?」と英語で声をかけてくれた一家

  

   f:id:keppru54:20170507161610j:plain

 これからママのお誕生日パーティだというレトロな服装で揃えた一家は とっても素敵で写真を撮らせてもらいました

パパママは以前に来日経験があるとのこと、 そして妹はこの年の夏初めて日本に行くんだよ、なんてちょっと話をして別れました

妹ちゃん楽しい日本旅行だったかな

 

 

てくてく歩いていくと、

  f:id:keppru54:20170507164221j:plain

 

ホテルから6分ほどの場所にカンピセンターはあるのですが

そのカンピセンターの横あたりのビルに入っているANTTILAの閉店時間が迫っていたので先にそちらに寄ることにしました

f:id:keppru54:20170507164722j:plain

 このANTTILA、安めのショッピングセンターの様なホームセンターの様な、感じなのですが、

イッタラのカステヘルミがSALEしていたり、ムーミン柄のホーロー、ムールラ社の製品が豊富だったりマリメッコの紙皿紙コップが安かったりと

あなどれない品揃えだったのです

どのガイドブックにも載っておらず、またグーグルマップで検索しても出てこず、

ここについて書かれているブログの写真などを頼りになんとか見つけました

  f:id:keppru54:20170507164906j:plain

こちらで買ったカステヘルミのレインはセールで1枚7ユーロ(約860円)だったり、

                  f:id:keppru54:20170507171043j:plain

友達に頼まれていたティーマのグレー色のボウルが8ユーロだったりと手頃なものも多く、

旦那さんも気にいって滞在中何度も通いました

 

。。。で、ここの HPのURLを貼ろうと検索したら、

なんと2016年の8月に倒産したとの悲しい結果を見つけてしまいました。

すごくお勧めしたい、いいお店だったので残念です。。

 

 

その後カンピセンターへ https://www.kamppi.fi/fi

     f:id:keppru54:20170507171934j:plain

ここには、いろんなお店や飲食店の他に、スーパーのKスーパーマーケットやalepaや

もちろんマリメッコイッタラもあります

 

 

地下鉄のカンピ駅もこちらに

f:id:keppru54:20170507171956j:plain

 

 

Kスーパーマーケット

f:id:keppru54:20170507175058j:plain

 

f:id:keppru54:20170507175219j:plain

 

さすがヨーロッパ、ハムやチーズの種類が多い!

f:id:keppru54:20170507172023j:plain

 

 

 

ここではビールや牛乳などいろいろ買いました

その中でもこの鶏肉のジャーキーの美味しいこと!日本に持ち帰ることが出来たなら、山のように買って帰ったと思います

      f:id:keppru54:20170507175041j:plain

 

 

お腹が空いてきた私たちは カンピセンターの中にも入ってるヘスバーガーで夕ご飯にすることにしました

  f:id:keppru54:20170508180924j:plain

ヘスバーガーはフィンランドでは定番のハンバーガーショップ

セットを頼むと1人8〜9ユーロ位

アラフォーの口にも合うしつこくないお味で、 特にフライドポテトは少し味の付いたタイプで美味しかったです

f:id:keppru54:20170508181258j:plain

 

フィンランドの5月上旬の日の入り時刻は遅く、20時位になっても夕方の様な明るさなので ホテルに帰るのは勿体なく

かといってお店の閉店時間は日本と違って早く、どんどん閉まって行くので

カンピ礼拝堂の辺りを散歩してホテルに帰ることにしました

 

f:id:keppru54:20170508213124j:plain

 

     f:id:keppru54:20170508182113j:plain

次の日はメーデー

ヨーロッパの人たちにとってメーデーとはお祭りの様なもので

あちこちでこのバルーン屋さんが出ていました

(4/30は前夜祭で、子供達は仮装とこのバルーンを買ってもらうのが習わしだそう)

 

 

 

 

 

ヘルシンキ紀行

去年のGWに3泊5日で、旦那さんとヘルシンキ旅行に行ってきました。

私自身、旅行前にいろんな方のヘルシンキのブログを読んで

とても助けられたので、

これから行かれる方の、少しでも参考になればと

何回かに分けて、ヘルシンキ思い出し日記を書いていきます。

 

1日め・・・伊丹から羽田、そして成田へ

 

憧れのフィンランド航空は、関空からも就航していますが、

行きのチケットは関空からが取れず成田発に。

しかも、旅行会社が設定していた成田での乗り継ぎ時間が短かったので、ゆっくり成田に前泊することにしました。

 

GWに海外旅行なんて初めてだったので混み具合がわからず

なんでも早め早めに行動することに。

なので伊丹に約2時間前に着くも、私の過度な心配はどこ吹く風の空き具合、、

 

          f:id:keppru54:20160608184307j:plain

 

ま、早く終わるのはいいことで、出発まで伊丹空港を満喫することにしました。

 

展望デッキやアクタスがある、屋上ラ・ソーラは

解放感がありめちゃめちゃ気持ち良いところです♫

 

伊丹空港の良さをあらためてつつ、一路羽田へ。

 

羽田から成田へはオレンジ色のバス、エアポートリムジンを利用しました。

路線・運賃 情報|リムジンバスの東京空港交通 1人約¥3000はちょっと迷いましたが、なにせバスは荷物を預けてあとは乗っていればいいだけ

この楽チンさに勝るものはありません。

心配していた渋滞もまったく無くあっという間に成田に到着しました。

 

 成田空港到着後、私たちは空港内で出来る、出入国自動化ゲートの登録をしに向かいました。

https://www.narita-airport.jp/jp/news/gate/(こちらは関空などでも出来ます)

 

       f:id:keppru54:20160608190415j:plain

 

この登録カウンターが17時までで、到着したのが16:40くらい

小走りで向かいなんとかセーフ、

パスポートに記載されていること基に用紙に書き込んで、あとは両手指の指紋を読み込んでもらって所要時間5分程度で終了。

 

 私は何度か海外に行っていますがこの存在を全く知らず。。。

こんなに簡単で、出国の手続きの際はほとんど並ばずにスムーズなんてもっと早く

知ってれば良かった。(出国の時のスタンプは言えば押してもらえるそうです)

 

したかった事が終わったのでホテルにチェックイン

今回利用したのは成田エアポートレストハウスです

正直、キレイではなかったですが値段の割には広いし寝るだけだし、

空港へはすぐというメリットがあります

 

   ⇩部屋からの眺め

   f:id:keppru54:20170428182959j:plain

 

プラス、空港への無料のシャトルバスが出ていることもメリットのひとつ

 

そのシャトルバスを使い、空港へ夕ご飯&買い物に行き、この日は明日からに備えて早めに休みました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルシンキ紀行

2日目・・・ヘルシンキ到着

 

さあいよいよフィンランドに向けて出国です。

長くなりそうなので2回に分けてのまず1回目

 

出発時刻は10:25。前日に済ませた自動化登録のおかげで出国手続きも

瞬く間に終わり、出発までは第2ターミナルの本屋や売店をぶらぶらしました。

 

飛行機を見ながら本も選べる本屋さん

f:id:keppru54:20170429165821j:plain

 

”AKIHABARA”は外国人のお客さんでいっぱい

f:id:keppru54:20170429170523j:plain

普段は関空を利用しているので成田は珍しく、飽きませんでした

そうこうしているうちに搭乗時間が近くなったので搭乗ゲートへ

うちらが乗るのもmarimekko柄の機体だったらなぁー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の期待は外れ通常の機体でしたが、でも憧れてたFINNAIRがもう目の前に! 

f:id:keppru54:20170429170209j:plain

ただでさえ飛行機に乗るのが好きなのに、

これから9時間も機内を満喫できるなんてワクワクが止まりません

     f:id:keppru54:20170429165156j:plain

 

飛行機はフィンランドヘルシンキ・ヴェンター空港に向けて

ほぼ定刻通りに出発。

 

離陸して間もなく

わたし達の飛行機と並走(?)するmarimekko柄のフィンエアー

f:id:keppru54:20170429172358j:plain

 

お楽しみの機内食

f:id:keppru54:20170429173535j:plain白身魚だったので白ワインとともにいただきました

 

 

 

フィンランドでメジャーなKARHU(カルフ )BEERは、口当たりがよく飲みやすく

何度もおかわりをいただきました

f:id:keppru54:20170429174057j:plain

 

買っていったお菓子をあてに、

    f:id:keppru54:20170429165310j:plain

ビール飲みつつ映画三昧。。。至福の時間です

f:id:keppru54:20170429174022j:plain

映画は、日本語字幕が付いているものも割と多くあります。 

 

 

エコノミーの機内はこんな感じ

f:id:keppru54:20170429175411j:plain

 

 

そうそう、機内販売の商品を購入したい場合は、行きの機内で注文しておけば

帰りの席に置いていてくれているか持ってきてくれるというシステムでした

 

私は、マリメッコの機内限定柄のティーポットが欲しく

事前にフィンエアーのHPからクレジットカードで購入しました

やや不安だったのですが、帰りの私の席には商品がきちんと置かれていました

 

購入を希望される方は、必ず行きの機内で乗務員の方に聞いてみてくださいね

 

参考までにフィンエアーHPの注文フォームです

去年とはまた少し違っているのですが、 Order for flightが機内限定の様ですね

https://www.finnairshop.com/en/sokresultat?q=marimekko&page=1

ダンナさんが呑みに行く日や、夕ご飯を作らなくていいときなど

ふらり、ひとり呑みでお世話になるお店があります

そのひとつクラフトビアハウス モルトhttp://kfw.co.jp

梅田に本店含めて2店舗、福島に1店舗あって、私がおじゃましたのは福島店です

f:id:keppru54:20170302203641j:plain

クラフトビールと手作りソーセージが売りのモルトさん

f:id:keppru54:20170302203825j:plain

ソーセージは随時5〜6種類の

奈良漬が練りこまれたソーセージや

生姜とリンゴのソーセージや

柚子胡椒のソーセージ

などなどオリジナルソーセージが並びます

 (かつてこれほどソーセージを連発したことがあっただろうか。。 )

 

 

これが、どれもとても美味い!

一本100g前後らしいのですが、3本くらいペロリと

なんなく入ります 

 

こちらはソーセージの洋風おでん

f:id:keppru54:20170302203822j:plain

 

メインのクラフトビールは、

日本のブリュワリーのものが5〜6種類揃っています

 

 

そして!

こちらのモルトさん

会員になれば次からビールを会員価格でいただけるのです

 

ビール以外には、ワインもあってこれまた日本のワイナリーのものなのです

 

なみなみに注いで頂いた山梨のワイナリーのスパークリング

f:id:keppru54:20170302205029j:plain

 

店員さんも親切でほっこり呑めるお店

 

外国人のお客さんも多いそうです

 

 

f:id:keppru54:20170302205220j:plain

 

 

 

 

 

高野山、奥の院へ

1月末、平日の休みを利用してひとり冬の高野山

これで3度目、次は雪の残る高野山に行きたく冬を待っての訪問です

 

交通手段は南海高野線高野山・世界遺産きっぷ|南海電鉄を利用しました

こちらは、南海電鉄の発売駅⇔高野山駅往復切符と、高野山内のバス2日フリー乗車券、拝観料2割引き券、お土産1割引券などがセットになった切符です

 

新今宮で購入の場合も、2,860円でした(片道のみですが、特急を使える切符は3,400円 )

 

f:id:keppru54:20170301195000j:plain

新今宮からは、橋本行きの急行に乗り、橋本で極楽橋行きへ乗り換えです

(時間帯によっては極楽橋まで乗り換えなしの急行もあるようです)

 

 

 平日で、かつ、お昼時ということもあり橋本駅で極楽橋行きを待つ人はまばらです

f:id:keppru54:20170301195437j:plain

ここから高野山へと上がるケーブルカーに極楽橋駅までは約45分

 

のどかな車窓を眺めながらうとうとしてると

ようやく着きました、極楽橋

f:id:keppru54:20170301200158j:plain

ここから急勾配のケーブルカーに乗って約五分で高野山頂です

 

新今宮から出発して約1時間半

山頂到着時刻は、すでに13時を過ぎていたのでお腹はとうにぺこぺこ

なので事前に調べておいたお店で先に腹ごしらえをすることにしました

 

今回は奥の院だけを目的に行ったので、参道入り口の一橋口というバス停近くにちょうどよくあった『和食 おぐら』さんで

 

高野山上ではたくさん飲食店があるわけではないので事前に調べていくことをお勧めします

 

f:id:keppru54:20170301223541j:plain

 天ぷらはサクサクでとても美味しかった

 

 

お腹も満たされいざ参道へ

 

f:id:keppru54:20170301223952j:plain

参道の入り口です

ここから御廟まで約1.9kmの道のりです

f:id:keppru54:20170301224211j:plain

 参道にはまだ所々に雪が残っていました

f:id:keppru54:20170301224340j:plain

f:id:keppru54:20170301230950j:plain

f:id:keppru54:20170301224401j:plain

たくさんのお墓や供養塔を抱く奥の院

戦国の武将なども敵味方関係なく混在しています

これほ懐の深い場所が他にあるのだろうか

 

司馬遼太郎は、高野山は唯一無二の異域と言いましたが

特にこの奥の院は、行ったことのある人にしかわからない独特の空気が漂い、

まさに自分が生きている世界とは異なる世界です

 

初めて訪れた時もそうだったのですが、

今回も、参道をゆっくり歩き、御廟に参ると

心に溜まった澱がすうっと下に流れて去っていくようなそんな心持ちになります

 

また来て良かった

 

 

 

 

 

 

はしご酒からのLA LA LAND

ブログ第一回目は、大好きな映画と大好きなお酒について書きたいと思います♪

 

今回観た映画は、『LA LA LAND』

27日の第89回アカデミー賞では、惜しくも作品賞は逃しましたが監督賞や主演女優賞など6部門を獲りました

作品賞の授賞では、間違って読まれてしまうという、びっくり仰天の可哀想なアクシデントに見舞われた、そんなララランドの私なりの感想です

 

 映画は20時以降のレイトショーを予約していたので (チケット代が500円お得なのです)それまでの時間、ダンナさんと”2千円はしご酒”をすることに

”2千円はしご酒”とはその名の通り、一人2千円までで居酒屋をはしごすることです

 

まず今日の一軒目をどうするか、、駅前第一ビル探索中目に飛び込んできた ”白いおでん”

 

f:id:keppru54:20170228161848j:plain

 

こちらの『丸喜商店』のおでん2品➕飲み物で500円のハッピーアワーセットでスタートすることに

おでんは "白いおでん"か"京風おでん"を選んで、具はお店の人のセレクトです

f:id:keppru54:20170228162441j:plain

このクリーミィなホワイトソースが意外におでんと合って、とても美味

このお店では後、オイルサーディンもいただき、いざ次のお店へ

 

二軒目は第二ビルに移動して、串カツとハイボールで乾杯して、

f:id:keppru54:20170228162944j:plain

三軒目では、なめろうや山芋の浅漬けをアテに、190円だった生と黒生のハーフ&ハーフをごくり

 

f:id:keppru54:20170228163700j:plain

 

ラストの四軒目は、駅前ビルに何店舗かあってよくお世話になる『起世』で

f:id:keppru54:20170228164100j:plain

こちらには肉豆腐というメニューがあってそれでシメたかったのですが季節的に湯豆腐になっているとのこと

なので、焼きそうめんなるものをいただきました

味は焼きビーフンのようであっさりしていてシメご飯にふさわしかったです

f:id:keppru54:20170228164734j:plain

ここでいい時間になってきたので映画館に向かいました

 

土曜日ということもあって全体的に人は多めです

f:id:keppru54:20170228165157j:plain

観ながら呑もうと、ビールをもう一杯

f:id:keppru54:20170228165203j:plain

 

。。。そして映画はといえば、

 

エマストーンは可愛かったし

ライアンゴズリングのダンスも良かったし、

監督が鈴木清順の映画をイメージしたというだけあって色彩豊かでキレイだったし、

何より音楽が、すぐに鼻歌を歌いたくなるような明るく楽しい音楽で、とてもとても良かった

 

でも

でもでも、私的には星5つでいえば星は3つ

監督の前作『セッション』があまりにも秀逸だったし、大好きなミュージカル映画だったし、敬愛する町山さんが絶賛されていたしで、期待しすぎてたんだろうな